*

ブログランキングで本当にアクセスアップは見込めるのか?

公開日: : 最終更新日:2017/07/23 アクセス増加, ブログ村

アクセス

最近当サイトのアクセスが横ばいになってきています。アクセスアップの為に何か取り組まねば!と思い、何かないかなー?と色々と探索した結果・・・

ブログランキング関連で気になる記事を発見しました。しかも1,2サイトではなく、複数のサイトが近い内容の記事を書いていたのです。その内容とは・・・

ブログランキングはデメリットだらけ、ランキング上位に入っても意味がない

ちょっとびっくりです。どちらかというと、アクセス数が増えるし、初心者はとりあえずブログランキングに参加しろ!だと思い込んでました。もちろんその様に紹介しているサイトも沢山あります。

当サイトとしては現在でもブログランキングから、結構な数の訪問者が来てくださっています。ですから現状よりすこしでも上位になれば、もっと訪問者さんが来てくれるのでは?と密かに期待していたのですが・・・

はたしてブログランキング上位になることでアクセスアップは見込めるのか?そもそもブログランキングに登録すること自体がデメリットなのか?

当サイトのデータを元に検証していきましょう。

そもそもブログランキングって何よ?って方はこちらを参考にしてみてください。【参考記事】ブログランキングはアクセス増加に効果があるのか?

※画像を一部撤去しました。若干見にくくなっていますがご容赦ください。



各ブログランキングからの流入を確認する

 
当サイトが参加しているブログランキングは4箇所。

「にほんブログ村」・「人気ブログランキング」・「BlogPeople」・「ブログの殿堂」

グーグルアナリィティクスで、直近30日間のブログランキングからの流入を調べてみました。


7位、9位、12位とブログ村からの流入となっています。他にも下位のほうでも流入しています。すべての合計で395セッションとなっています。

13位には人気ブログランキングで60セッション

39位でブログの殿堂でたったの5セッション

ブログピープルにいたっては0セッションですね。

全体から見ると、ブログランキングからの流入の占める割合はたったの・・・

3.7%

となっています。とはいえ1日に平均すると15人程度の訪問があるのは確かです。

特筆するべきは、ブログランキングからの訪問者はリピーターが多く、しかもページセッション数、平均セッション時間が高いのが見て取れます。



各ブログランキングでの順位から検証する

 

各ブログランキングからの流入は分かりました。

ではそれを踏まえて、各ブログランキングでそれぞれどの程度のランキング順位に入っているのかを調べてみましょう。

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村ではINポイント、OUTポイント、PVポイントの3種類のランキングが用意されています。

自サイトからブログ村へ移動するのが「INポイント」、逆にブログ村から自サイトへ移動するのが「OUTポイント」、特殊なブログパーツ(当サイトでは右サイドバーのカテゴリー下にあるランキング形式のものです)をサイトに設置することで「PVポイント」も計測されます。

結局大事なのはOUTポイントです。ブログ村からのアクセスアップを目論んでいるのですから、ここが増えない事にはまったく意味がありません。

3種類のランキングで上位になればなるほど、ブログ村での露出も増え、OUTポイントも増えてくるはずです。(10ポイントで1人のクリック・訪問と考えてください)

当サイトでは小遣い内カテゴリー「プチ稼ぎ」90%「初心者のお小遣稼ぎ」10%の割り振りにしています。



In順番

IN順のランキングです。「INポイント」は20~30です。ブログ村では自クリックで10ポイントは稼げます。あとの20ポイントはほとんどが身内、お友達クリックとなっています。

いくら90%振りとはいえ、これで「プチ稼ぎ」のジャンルで1027サイト中2位になれるのです。



では続いてPV順のランキングも見てみましょう。

PVポイント

PVポイントの方は、なんと総合ランキング1000位以内も射程に入るぐらいに成長してきました。「プチ稼ぎ」2位、「初心者のお小遣い稼ぎ」4位も十分すぎるぐらいの結果が出ています。



人気ブログランキング

 

人気ブログランキング

人気ブログランキングでは、自クリックの他、身内・友達クリック分に加えて、1日1回チャレンジが出来るポイントルーレットによる加算があります。

こちらのランキングはINランキングのみ。だいたい20位前後をうろうろしています。

こちらはカテゴリーをポイントサイト一本に絞っていますので、これ以上は手の内ようもなさそうですね。

週間OUTが100なので、今週は10人ぐらいの訪問があるようですね。


ブログの殿堂

 

3位~7位をいったりきたりしています。それほど悪くない順位だと思うのですが・・・1月の訪問者はたったの5人でした。「ブログの殿堂」自体の利用者が少ないのでしょうか?


BlogPeople

 

今14位で昨日は104位とかもう分けが分かりません。しかも1月の訪問者0とか、もう検証する気にもなりませんね。


5ヶ月前のデータと比較する

 

ブログランキングの中でも訪問者数が多く、一番影響力がありそうなブログ村に絞って検証していきます。

では5ヶ月前のブログ村のデータを見てみましょう。




Popularity Index

PVポイントが現在の4分の1ぐらいですね。それ以外はそれほど大きくは変わっていません。

そして一番大事なOUTポイントですが・・・

現在 440/週

5ヶ月前 500/週

ほとんど変わってない!!

今日の分が加算されていませんが、恐らくほぼ変わらないでしょう。この結果から導き出される答えは・・・

PVポイント順のランキングはまったく意味がない!!

5ヶ月前のPVランキング順の画像がないのが残念ですが、当時と比べて、現在の順位はかなり跳ね上がっています。それでもほぼ変わらないOUTポイント。つまりPVランキングは誰も見ていないのでしょう!

PVランキングに関係している「ブログパーツ」は、サイトの表示スピードを下げる要因にもなっているので、設置する意味はまったく無いと私は考えています。

残念ながらINポイントは当時と変わっていません。ブログ村で大事なのはINポイントという可能性が高そうなのですが・・・残念ながら、このINポイントを稼ぐのが非常に難しいのですよね・・・。自サイトに表示してある「投票バナー」


にほんブログ村 小遣いブログ プチ稼ぎへ
にほんブログ村

こういうやつですね。これを押してもらうことによって、INポイントを稼ぐわけなのですが・・・なかなか押してもらえません。

この投票バナーは記事上か下に設置することが多いかと思われます。当サイトも昔は記事下においてありました。しかし設置していた当時はなんと1ヶ月間設置しても1~2人しか踏んでもらえなかったのです。ちなみに現在はサイドバーにおいてありますが、現在も月に2~3人程度ですね。

こんな効果があるかどうか不確かなものを設置するぐらいなら、お小遣いサイトのバナーを貼ったり、関連記事や人気記事で内部リンクの効果を上げるとか、アフィリエイトのバナーを貼るとかの方が明らかに有益だと思うのです!

仮に記事下に設置して「投票バナー」を沢山踏んでもらえたとしても、結果的にブログ村へと訪問者さんは移動してしまうわけなので、自サイトでの利益(お小遣いサイトへの登録、内部リンクでの他記事への誘導)を得る機会を失ってしまうのではないでしょうか?


結局ブログランキングでアクセスアップは望めるのか?

 

ここまでの検証の結果。

アクセスアップは望めます・・・がそもそもの参加者が少ないので大きくは望めないといった感じでしょう(カテゴリー次第で変わってくるかもしれませんが)

当サイトも現在は毎日の訪問者も400人前後となってきていますので、ブログランキングからの訪問者1日15人は少なく感じられるかもしれません。ですが、サイト開設間もない時期であれば、毎日15人増はかなり嬉しいところです。


結局のところ、ブログランキングは効果がない!デメリットが多い!と思える方は、Google検索でも上位にこられて、圧倒的なPVを誇っている方々なのだと思われます。

Google検索で上位に表示されているようなサイトは、だいたいブログランキングのバナーなんて貼っていないです。毎日数千人も訪問者があるサイトで15人とかは誤差の範囲なのでしょう。正直あっても無くても変わらない、そんな感じなのでしょう(あくまでも妄想です)

ブログのビジュアル的にも無いほうがすっきりするでしょうし、そのあたりもデメリットと捕らえている方もおられそうですね。


当サイト的には今後どうするのか?

 

めんどくさいのでこのまま設置したまま放置プレイでいきます。

毎日の15人の訪問者様は大事ですし、ブログ村を介して知り合えた人たちもいます。

現状私にとってはデメリットと思えるところもありませんし、かといってこれ以上のアクセスアップは望めないでしょう。



結局いつもの結論になってしますのですが・・・

余計なことをしている暇があったら、面白い記事を書け!

ですねハイ。今後もボチボチ頑張っていきます・・・今日のところはこのあたりで。


当サイトが2017年現在オススメするお小遣いサイトは「ポイントインカム」です。どこのお小遣いサイトを選んだらいいか悩んだらポイントインカムを選択しましょう!

今なら当サイトから登録することで、もれなく3,000ポイント(300円相当)の特典が貰えます!(通常は1,000ポイント)

▼ポイントインカムへの登録はこちらから▼
bloger_300_200
ポイントインカムのオススメの稼ぎ方と評価まとめ

登録方法はこちらを参考にしてください。
ポイントインカムの登録方法を画像付きで詳しく説明する

お友達紹介交換キャンペーン

初めての公式キャンペーン

現在ポイントインカムでは複数のお得なキャンペーンが開催されています。なんと最大26,000ポイント(2,600円相当)も貰えます!
※2017年12月31日まで

▼キャンペーンの詳細はこちらから▼
ポイントインカム最大2600円相当が貰えるキャンペーンを分かりやすくまとめてみた



ライフメディア」で開催されている「お友達紹介ランキング」は新規会員登録と1ポイント獲得するだけで1,000ポイント(1,000円相当)が高確率で当たります!!キャンペーン開催期間は1月31日までなので急いで!!

さらに当サイト「初心者がお小遣いサイトで稼ぐんだ!と頑張ってみる」と「ライフメディア」のコラボキャンペーンが始まりました!当サイトバナーから新規会員登録と1ポイント獲得で400ポイント(400円相当)貰えます!!(通常は10ポイント)

「お友達紹介ランキング」と「コラボキャンペーン」の詳細はこちらから
【ライフメディア】新規会員登録でいきなり410円貰える!!1,000円も当たる!【当サイト限定コラボキャンペーン】

▼ライフメディアへの新規会員登録はこちらから▼
ライフメディアバナー
「ライフメディア」オススメの稼ぎ方と評価まとめ

登録方法はこちらを参考にしてください
お小遣いサイト「ライフメディア」登録方法

関連記事

Village

ブログランキングはアクセス増加に効果があるのか?

まずブログランキングとは何?それって美味しいの?名前でなんとなく想像つくけど、どんな仕組みなの?

記事を読む

作成

バナー工房で簡単にバナーを作って友達紹介を強化する!

現在TOPページに張られているポイントタウン紹介記事のバナーや、つい最近まで貼っていた、ハピタスの友

記事を読む

kitchen

相互リンクとか3カラムとかゴチャゴチャしたのが嫌いだ

一昔まえだと、アクセスアップするには相互リンクで間違いない!と言われてたみたいです。ただ現在は若干事

記事を読む

TOP

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)を導入しよう

Google Search Consoleとは、Googleが提供しているサービスのひとつで、導入す

記事を読む

ブログランキング

ブログ開設直後は「にほんブログ村」に登録してアクセス数を増やすのがオススメ

ブログ開設直後は、いくら記事を投稿しても検索エンジンになかなかインデックスしてもらえません。これでは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

祝う
【A8.net】投票だけで100円が当たる!「A8プログラム大賞2017」

「A8.net」で毎年恒例の「A8プログラム大賞2017」が開催されて

スマートフォン操作
ポイントインカム「公式サイト保証」を実際に使ってみた

お小遣いサイト「ポイントインカム」経由で利用した公式サイト「FIELD

mieru-TV
「mieru-TV」を無料で試してお小遣いも獲得する!【100%還元】

お小遣いサイト「ポイントインカム」で、人気の新作映画や話題のドラマをオ

シャボン玉
モッピー「新春シャボン宝くじ」なんと1等50万円!!

お小遣いサイト「モッピー」で賞金総額100万円のキャンペーン「新春シャ

小銭
ちょびリッチ「じぶん銀行」口座開設で最大2,500円相当を稼ぐ!

お小遣いサイト(ポイントサイト)経由で「じぶん銀行」の新規口座開設お申

→もっと見る

  • イメージ画像
    名前:feiren
    なんとかネットでお小遣い稼ぎたいです。頑張ります!
    ツイッター始めたばかりで寂しいです。
    ぜひフォローの方宜しくお願いします♪

    follow us in feedlyRSSを購読する